IndentNav

This add-on allows NVDA users to navigate by indentation level or offset of lines or paragraphs. In browsers it allows to quickly find paragraphs with the same offset from the left edge of the screen, such as first level comments in a hierarchical tree of comments. Also while editing source code in many programming languages, it allows to jump between the lines of the same indentation level, as well as quickly find lines with greater or lesser indentation level.

ブラウザでの利用

IndentNavは、画面の左端からのオフセットを利用してたどることが出来ます。特に、NVDA+Alt+下矢印または上矢印を押して、同じオフセットを持つ次または前の段落に移動出来ます。例えば、コメントの階層構造を見る時に、第一レベルのコメントの間を移動し、より高いレベルのコメントを飛ばすのに便利です。(例: reddit.com)

厳密には、IndentNavは、NVDAがツリーインターセプターオブジェクトを提供するどのアプリケーションでも使えます。

Keystrokes:

  • NVDA+Alt+UpArrow or DownArrow: Jump to previous or next paragraph with the same offset.
  • NVDA+alt+LeftArrow: Jump to previous paragraph with lesser offset.
  • NVDA+Alt+RightArrow: Jump to next paragraph with greater offset.

テキストエディタでの利用

IndentNavはまた、多くのプログラミング言語のソースコードを編集するのに便利です。Pythonのような言語は、適切にインデントされたソースコードを要求します。また、多くの他のプログラム言語でも、適切なインデントが強く推奨されます。IndentNavを使うと、NVDA+Alt+下矢印または上矢印で、同じインデントレベルの、次または前の行に移動することが出来ます。また、NVDA+Alt+左矢印で、親の行に移動出来ます。つまり、前の低いインデントレベルの行です。Pythonでは、現在の関数やクラス定義を見つけるのが簡単になります。また、NVDA+Alt+右矢印で、現在の行の最初の子へ移動することが出来ます。つまり、次の高いインデントレベルの行です。

NVDAが行のインデントを音で表すようになっている場合、IndentNavは、全てのスキップした行の音を素早く鳴らします。そうでない場合、スキップした行の数を大ざっぱに表すようにパチパチと音を鳴らします。

Keystrokes:

  • NVDA+Alt+UpArrow or DownArrow: Jump to previous or next line with the same indentation level within the current indetnation block.
  • NVDA+Alt+Control+UpArrow or DownArrow: Force-jump to previous or next line with the same indentation level. This command will jump to other indentation blocks (such as other Python functions) if necessary.
  • NVDA+alt+LeftArrow: Jump to parent - that is previous line with lesser indentation level.
  • NVDA+Alt+RightArrow: Jump to first child - that is next line with greater indentation level within the same indentation block.

Release history

  • v1.2
    • Added support for internationalization.
    • Added GPL headers in the source files.
    • Minor fixes.
  • v1.1
    • Initial release.